なぜ、たるみ毛穴に美容液がいいのでしょうか?

たるみ毛穴というのはとても気になる物です。


毛穴が開いてしまった肌は見た目にもみっともなく何とかしたいと思うものです。毛穴はなくなる物ではありませんが、目立つと言うことは肌の乾燥などの問題が存在しているからです。たるみ毛穴が目立たない肌にするには潤いを持ったピチピチとした肌にする必要があると言うことなのです。

そんな潤った肌にするには美容液が良いと言われます。

なぜ、美容液はたるみ毛穴に良いと言われるのでしょうか。それは美容液には肌トラブルを改善してくれるのに有効な成分が入っているからなのです。そして、その成分は肌の表面を潤すというのではなく肌の奥のほうにまで浸透することで効果を発揮するのです。そのことによって肌トラブルの防止に役立つということになるのです。

乳液や化粧品ではお肌の表面が保湿されるだけとなります。真の意味で保湿を行おうと思うとやはり美容液が一番有効だと言うことになるのです。肌の内側が潤ってくれば張りが出てきて本来あるたるみ毛穴も目立つことなくキレイな肌でいることが出来ると言うことになるのです。

たるみ毛穴ケアは内側からがポイントなのです。

そもそも、たるみ毛穴とは?

たるみ毛穴とは、小鼻の脇から頬に向けて生じる楕円形に拡がった毛穴のことを指します。

毛穴が開いている状態で、加齢によってたるんだ肌に引っ張られるようにして拡がってしまうことでたるみ毛穴は起きます。加齢によって肌がたるむと、たるみ毛穴になってしまうので注意しないといけません。皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織で構成されていますが、皮膚を支えているのは真皮層です。

真皮層はコラーゲン、エラスチンなどのタンパク質と、ゼリー状のヒアルロン酸で潤いを保っています。これらの成分は加齢によって減少するので、年齢を重ねるごとに皮膚の土台は次第に緩み、たるみへと発展します。皮膚がたるむと同時に毛穴も開くので、たるみ毛穴が形成されるのです。

たるみ毛穴を改善するには、真皮の潤いをキープする必要があるので、単なる保湿ケアだけではなく、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸を補うため、食事からアミノ酸や抗酸化ビタミンを補う必要があります。たるみ毛穴は、ぼこぼこした感じがミカンの表皮のように見えるので、みかん毛穴とも呼ばれています。

たるみ毛穴が起こる原因は?

たるみ毛穴が起こる原因は、肌を支えているコラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を司る成分の減少にあります。

いわゆる肌の老化がたるみ毛穴が起こる原因になるのです。肌がピーンと張っていないと毛穴は目立ってきます。コラーゲンやエラスチンが減少するのは、加齢や紫外線、活性酸素が関係しています。たるみ毛穴が起こる原因はオレイン酸やパルトミトレイン酸なども関係していて、不飽和脂肪酸が肌の正常な角化を妨げていることが原因になっている場合もあります。不飽和脂肪酸が原因で毛穴がすり鉢状になると肌のキメが悪化します。

たるみ毛穴は、肌のたるんだ部分にある毛穴が三角錐のように凹み、ぼこぼこした感じになるので目立ち、ミカンの表皮のように見えます。肌のたるみが強くなると毛穴はたるみの筋にそって伸びてしまいます。たるみ毛穴が起こる代表的な原因は、皮脂の過剰分泌、ニキビ跡、たるみになります。皮脂が過剰に分泌されるのは、肌が乾燥していたり、脂肪分の多いものを摂取するからです。

たるみ毛穴をケアするには、生活習慣の見直しが欠かせません。


たるみ毛穴に効く!毛穴のたるみを改善する美容液や化粧品は?

気になるたるみ毛穴を改善しようと思うと有効な成分は以下のような成分となります。

肌をふっくらさせる効果のあるビタミンCとコレーゲンを増やし肌に弾力を持たせるレチノール、たるみやシワの改善に効くEGFとコラーゲンやヒアルロン酸を生成するFGFに肌にハリを出す効果があるアルジニリンとなります。この中でも注目をしたいのはEGFとFGEになります。これら年齢が増すと減少すると言われている成長ホルモンを活性化してくれると言われておりEGFはたるみにくすみ、乾燥などのトラブルを防止してくれてFGFは肌のハリを増してくれる効果があるのです。

このEGFとFGFが入っている美容液を探して利用するのがとても有効だと言えるのです。EGFは肌の表面から浸透してFGFは肌の深い部分に浸透していくと言います。中と外から一気に毛穴を改善できる成分として注目に値すると言うわけなのです。並行して肌の元であるコラーゲンやヒアルロン酸を補えるように食事に注意をしたりサプリメントを補給したりすることを徹底するとより効果を見込めることになると思われるので積極的に摂るように心がけましょう。


たるみ毛穴の改善に効果的な化粧品の条件とは?

人は年を取るとシワやたるみに悩むことになります。

これらの原因は加齢とともに起こってくるものでコレーゲンが生成されなくなってくるからだと言われています。たるみ毛穴に関しても理屈は同じです。大元はコラーゲンの生成が出来なくなってくることによって起こるものだと考えてよいわけです。

たるみ毛穴は放っておくと帯状毛穴となり小じわや老け顔の大きな要因となりますのでたるみ毛穴のうちにケアをすることがとても重要なのです。たるみ毛穴を改善するために必要な化粧品の条件はグロースファクターが配合されているかどうかという点になります。グロースファクターは成長因子となり生成されることのなくなったコラーゲンを生成するように働きかけることが出来るものとなります。

代表的なものは上皮成長因子(EGF)ヒトオリゴペプチド-1と線維芽細胞成長因子(FGF)ヒトオリゴペプチド-13にインスリン様成長因子(IGF)ヒトオリゴペプチド-21となります。これらが成分として含有している化粧品を選ぶことがたるみ毛穴を改善していくことにつながることとなってくるのです。

たるみ毛穴のお手入れ法とは?

たるみ毛穴のお手入れ法は、どのようにすればいいのかというと、肌にハリやうるおいを与えてふっくらとさせるのがコツになります。

そのためには、肌にハリを与えることができるレチノール配合の化粧品を使うと良いです。レチノールには、肌にハリを与える効果があるのでおすすめできます。
たるみ毛穴に対しては、定期的な洗顔によるピーリングを行うのも有効です。洗顔によるピーリングをすれば、古い角質を洗い流すことができ、肌をすこやかに保つことができます。ピーリングは週に1〜2回するとよいです。

また、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使うのも有効で、肌にハリとうるおいを与えることができます。たるみ毛穴のお手入れ法でおすすめなのは、セラミド美容液で保湿ケアすることです。毛穴のたるみは、肌が乾燥すると目立ちやすくなります。

そのため、たるみ毛穴に対しては、保湿のお手入れが欠かせません。保湿成分には色々ありますが、たるみ毛穴にはセラミドを配合した美容液が効果的です。セラミドは水にほとんど溶けないので、高濃度に配合された美容液は、たるみ毛穴に効果を発揮してくれます。